« 心の故郷 | トップページ | 春休み »

古代史の謎解きから~

今日は神戸大空襲の日。
子どもの頃から、月日だけは知っていたけれど~
今年は何故か、意識したくなっています~
私の運命も、変えられた日のように思えてきたからです~
----------------------------------
昭和20年3月17日の神戸大空襲では
約300機の米軍機B29が来襲し、34000発の焼夷弾を落とし
神戸市西部の約65000棟が全半焼し、2598人が犠牲になりました。
----------------------------------
当時、私は、まだ3歳、祖母と私は早い目に疎開していたそうで、
何の記憶も残っていませんが~押入れの中にあった、小さい防空頭巾、
私も逃げるために用意してあったのでしょう~覚えています~

検索して知る当時の状況に、過去の現実をよく見ようとしないで
過ごしてきたこれまでの歳月を反省します。

3年前の夏、友人の薦めで、小熊英二さんの大作
「<民主>と<愛国>戦後日本のナショナリズムと公共性」
を、2ヶ月位かけて読みました。 

一度通読したぐらいで何も分かってはいないのですが、
この本と出会ったことから、私の記憶の背景にあったものが
やっと読み取れてきたかな~という気もしています。

先日、書店の子どもの本の売場で、小熊英二著「日本という国」を
見つけたので、早速、購入しました。 
----------------------------------
ぼくたちがいま暮らしているのは、「日本」という国。あたりまえすぎて、
考えたことなんてないかもしれないけど、じゃあ、「日本」って、
いったいいつ、だれによって、なんのために、どんなふうに作り出されたのか、
きみは知っている? みずから「学ぶ」ことの意味とそのための技法に触れながら、
いまにつながる「歴史」を知り、未来を探るために描かれる、刺激的な近代史。
----------------------------------
理論社のホームページ からコピーさせてもらいましたが、
戦争によって我が家が焼けただけでなく、地域社会を失い、
信じていたもの全てが崩壊したと言って良いほどの打撃を受けていた
親世代の姿を、今、あらためて思い起こします。

信じて生きることは大切、でも、
常識とされていること、社会通念というもの、
疑ってみることも大切では?
信じやすいタイプの私のこの頃の思いです。

ということで~古代史の謎解き~はまっています。

Nihon

|

« 心の故郷 | トップページ | 春休み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

い~さん

コメントありがとうございます~

情報操作 
する側とされる側
いつの時代も~~
ですね~~

これに気づき始めたら~
謎解き~面白くて~

ホント 最高です♪

投稿: ま~さん | 2007年3月18日 (日) 22時02分

こんばん~わ~

社会通念~
これの正体は~?

結局、情報操作の意味もあったでしょう

学生のころ、情報という言葉が~はじめて生まれたころで
なんだろう? って実態がわからなかったですが~
やっと、いまになって
その重要性が わかってきたのかなあ~ というところです~

投稿: 維真尽 | 2007年3月18日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175316/5725685

この記事へのトラックバック一覧です: 古代史の謎解きから~:

» 飛鳥・キトラ古墳@奈良県観光ガイド [観光ガイド@京都・大阪・奈良〜ぶらり気ままに旅をする]
観光ガイド@京都・大阪・奈良〜ぶらり気ままに旅をするのTaekoです。         今日はキトラ古墳をガイドしたいと思います。  奈良観光があなたのステキな思い出の1ページとなりますように [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 03時02分

« 心の故郷 | トップページ | 春休み »