« 白川郷 秋の草花~ | トップページ | 皇居東御苑 中秋の花 (2007.9.23) »

三つ子の魂

昭和20年8月の敗戦後 
頼りにしていた息子に先立たれ
住み慣れた家も地域も失った
祖母が 朝起きると 
お日様に手を合わせ 仏壇に手を合わせて
今日の無事を祈っていた姿が想い出されます

南無阿弥陀仏を繰り返し お経を唱えるのです
そばで聴いている私が 先に覚えてしまって
大人は感心したとか~

覚えたお経  舎利礼文
唱えてみましたら すらすら~

一心頂礼 万徳円満 釈迦如来
真身舎利 本地法身 法界塔婆
我等礼敬 為我現身 入我我入
仏加持故 我証菩提 以仏神力
利益衆生 発菩提心 修菩薩行
同入円寂 平等大智 今将頂礼

このお経 今後は 時々 
唱えようと思っています~

|

« 白川郷 秋の草花~ | トップページ | 皇居東御苑 中秋の花 (2007.9.23) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マルさん

戦前の軍国教育は困りますけれど
私たちの親世代は 字が上手 
手先が器用 忍耐強くて
落ち着いた時代の しっかりした
教育を受けた人が多かったような
気がしますね~

子供時代と老年期は表と裏のような
気もしますけれど 私たちの世代
これから~どのような生き方を
選ぶことになるのでしょうね(^^♪
  

投稿: ま~さん | 2007年9月17日 (月) 21時55分

い~さん

いつも優しいコメント
有難うございます   

幼い日の体験を無駄にしない
老年期が過ごせたら~

なかなかむつかしい課題です
けれど~☆

投稿: ま~さん | 2007年9月17日 (月) 21時43分

子供時代の記憶力は凄いですネ、一生物ですね。
残念ながら、私にはそんなに身についた記憶は
ないのですが、父母の世代は歴代天皇の名前を
全部スラスラ言えたり、教育勅語だったかしら?
諳んじておりましたね。
子供のときに覚え込むのは大切ですね~(^^)

投稿: マル | 2007年9月17日 (月) 15時06分

ふかい~
思い入れがあればこそ
生きてくるんですね   

投稿: 維真尽 | 2007年9月15日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175316/7941585

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ子の魂:

« 白川郷 秋の草花~ | トップページ | 皇居東御苑 中秋の花 (2007.9.23) »