« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

懐かしい歌

「一の谷の戦敗れ 追われし平家の
 公達哀れ~・・・」

マルさんが「青葉の笛」の想い出を
コメントしてくださいましたが~

「こうべ みなと~は 
 まちからまちへ よいやさ~・・・」

第1回 神戸みなとの祭り
1933年(昭和8年)に つくられた
「みなと祭り音頭」 教わったわけでは
ないのですけれど 懐かしい響きです~

1970年から始った 神戸まつりは
1967年の神戸開港100年祭のときに
開催された神戸カーニバルがルーツとか~

1966年に神戸を離れた わたしは
このあたりから 懐かしさが横浜に~

1966年~1969年 相鉄沿線 
三ツ境で暮らしました (・-・)

「ブルー・ライト・ヨコハマ 」
いしだあゆみ 1968年12月25日発売

当時を想い出す懐かしい歌です(^^♪

| | コメント (10) | トラックバック (1)

素晴らしい歌

神戸市歌については 今のところ
神戸市文書館 HPで 1951年(昭和26年)に
神戸市歌応募 第1回審査会を開催 位しか
情報が得られないのですけれど~

横浜市歌については  Wikipedia で
知ることができました~
*---
横浜市歌は 1909年(明治42年)7月1日に
横浜港の新港埠頭で行われた
「開港五十年記念大祝賀会式典」の席で
初めて披露された。

森 林太郎(鴎外)作詞 
南 能衛     作曲

以来 市民に広く歌い継がれている。
現在も市立の小学校では、
校歌とともに歌唱指導される。
開港記念日(6月2日)や卒業式、
市大会などの行事では演奏・斉唱される。
---*

横浜市のHPから聴いてみましたけれど
素晴らしい歌です~♪

横浜市消防音楽隊の生演奏で 横浜市歌
聴ける日が楽しみ (^^ ♪  
そして いつの日か 神戸市消防音楽隊の
生演奏による 神戸市歌も (^^ ♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

大好きな歌

美し都 神戸から(鳥瞰図を描きましょう♪)
DAIさんが 
神戸市歌を紹介してくださっています☆
  
朝雲あがれり 光のうずに 
伸びゆくいらかの  虹こそかかれ 
伝統つとに時代に先駆く 
絵巻とひろがる  歴史の都 
栄えあれ神戸  神戸 神戸 
われらひらかん
 
神戸市消防局のホームページで半世紀ぶりに
聴きました~声に出して歌ってみました(^0^)

よ~く覚えています 大好きな歌でしたから 
懐かしくて涙が出てきました~

http://www.city.kobe.jp/cityoffice/48/ongakutai/oto.html

この曲も昭和28年選定なのでしょうか?
サンフランシスコ講和条約が 
昭和27年4月に公布された翌年ですね~

昭和28年
お正月の書初めは「独立日本の春」
秋の運動会のダンスは「神戸市歌」
両手に日本の国旗を持って踊りました♪
小学校5年生の想い出です~☆

子どもたちは のびのび 
子どもであることを 楽しみ
大人たちも 希望に溢れて
生活に 勤しんでいた

そんな気がする時代でした~☆ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

他の人の心の中で~

今朝の朝日新聞で 
少女の作文「命」を読みました(^^)

死んだって、そこでその人がばったり
おわってしまうわけじゃないと思う。
.....他の人の心の中で、
第二の人生が始るんだ。

13年前の震災で2児を失った父親に
子の生と死を語り継ぐ力を与えたという
少女の作文は 多くの人に生きる勇気を
与えることでしょう(^^)v

震災で失ったものが大きかった人々の
心の傷が癒えるには 長い歳月が...

わたしの運命を変えたのは 
震災の半世紀前 63年前の戦災
いつも重ねて考えてしまいます(^^)

37歳で死んでしまった父
若くして突然逝ってしまった父
わたしの中に 生きています~☆

Dscn1213 Dscn1218

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お姉さんになって~

幼稚園が始りました(^^♪
今日は お祖母ちゃんがお迎えに~

赤ちゃんを迎えてからの3週間
naaちゃんは すっかりお姉さんに
なって 忙しいママのお手伝いを
しています~

今日は パパとママから 
お誕生日に もらったプレゼントや

クリスマスに サンタさんから
もらったプレゼントを
見せてくれました (*^-^*)

サンタさんは 生まれたばかりの
nonちゃんにもプレゼントを
持ってきてくれたそうです(o^-^o)

Dscn1196 Dscn1197 Dscn1201

| | コメント (4) | トラックバック (0)

せめて機嫌よく~

樋口恵子さん「祖母力」読みました(^^ v

かながわ女性センターで講演を聴いたり
介護関係の講演会の講演録を読んだり~
 
地域の女性問題の学習でお世話になっている
大久保さわ子さんと 山川菊栄先生門下の友人
でいらっしゃるので親しみを感じていました~

“現役母親の就労を軸としながら これからの
祖母力について考えていきたいと思う”という

言葉の裏には 夫の急逝にあった娘(著者)を
支えて4歳になったばかりという孫の養育を
一身に背負われたという祖母力(著者の母上)
への感謝と尊敬の思いが感じられます~

“その生涯を専業主婦として送ったが
心意気は社会的祖母力の持ち主であった”

この母にしてこの子あり というのでしょうか 
お母様 素晴らしい方ですね~

“子育て支援という狭義にとどまらず
地球環境を含めて少しでもよい状況にするために
ほんの少し未来に想像力を羽ばたかせて
何かできることをしよう”

周辺に こんなに多いとは思わなかったと
書かれている 子はいても孫はいない
「マゴレス族」 樋口さんもそのお一人とか

わたしの周りも 驚くほど多い~
孫との関わり方も 驚くほど多様に~

高齢社会を生きる わたしたちの世代
命の循環の中にいることの幸せを感謝できる
ようになれたからこそ~

“せめて機嫌よく生きよう”

樋口さんのこの言葉に惹かれています(^^ v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

女性ならではの感性で~

「それは港から始った」 
1859~開港150年へ

1月3日の朝日新聞朝刊から
 連載が始っています~

3日 函館と横浜ー赤レンガ倉庫
4日 長崎と横浜ー西洋館

「こまやかな気遣い 数々のイベントが
横浜の西洋館を生かしています」

という 西洋館代表 深沢啓子さんの
言葉が嬉しくて 検索してみましたら~

横浜市保有の山手西洋館 7館の館長が
全員女性になった平成12年から
クリスマスを演出するイベントが始まり~

「女性ならではの感性で 装飾が年々
本格的になり リピーターも多いですね」

さらに嬉しい深沢啓子さんの言葉と
であいました (^_-)~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初日の出 ヨコハマ(^^♪

除夜の汽笛で 迎えた新年(^^♪

大桟橋 赤レンガ倉庫 山下公園
初日の出を見るために集った人々から
いっぱい元気をいただきました ^^)v v(^^

来年 開港150周年を迎える横浜
港の開放感 大好きで~す(^_-)-☆

Dscn1126 Dscn1128 Dscn1131 Dscn1132 Dscn1136

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »