« よろこびの春 | トップページ | 古の呼称 »

ゆく河の流れ~

ゆく河の流れは絶えずして
しかももとの水にあらず
よどみに浮かぶうたかたは
かつ消えかつ結びて
久しくとどまりたるためしなし
世の中にある人とすみかと
またかくのごとし

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

鴨長明 方丈記 の冒頭部分や
平家物語 の冒頭部分が

高校時代から好きでしたけれど~
つくづくと~ 実感しています(^^)

栄枯盛衰 世の習いと申しますが
しみじみと~
ふつうって しあわせですね (^-^) 

|

« よろこびの春 | トップページ | 古の呼称 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マルさん

ホッとする禅語 との出合い
ラッキーでしたね (^_-)-☆
禅語 わたしも学びたい気持
大いにありますが~
まだまだ先の話になりそう~
マルさん 期待してま~す☆

投稿: ま~さん | 2008年2月12日 (火) 21時29分

大不眠症に悩んでいた時に手にしたのが
新聞紙上で見た、壇ふみさんオススメの
「ホッとする禅語」・・読み易く分かりやすく
本当にホッとして、アーラ不思議!不眠が
ウソのように治ってしまいました(^^)
この本がとっかかりになり、今年の目標に!

投稿: マル | 2008年2月10日 (日) 22時47分

マルさん

「正法眼蔵」「正法眼蔵隋問記」
道元禅師の教えですね~ ネットで調べて

「お釈迦さまからこう教わりました」と言うと、
それは、もう言葉になってしまいます。
それではダメなのです。
以心伝心で伝えるところのものなのです。

と書かれているところに惹かれています~
読破されたら~また教えてくださいね (^-^)

投稿: ま~さん | 2008年2月10日 (日) 21時37分

い~さん

満つれば欠くる世の習い
とか~
難問を解きながら歩むのが
人生なのかも?ですね~

覚悟すれば光が~☆ 
でも なかなかです~♪

投稿: ま~さん | 2008年2月10日 (日) 21時35分

歳を経るにつれて古典の数々が胸に
染み入る、というか、胸にストンと落ちて
改めてナットクしますね。

「正法眼蔵」「正法眼蔵隋問記」、是非
今年は読破したいものです。

投稿: マル | 2008年2月 9日 (土) 15時01分

青い鳥~ではないですが
しあわせの~
只中~にいると~
ついつい~わすれて~
隣の芝生を
見ちゃう 自分です (^_-)-☆

投稿: い~さん(^^) | 2008年2月 8日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175316/10314539

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく河の流れ~:

« よろこびの春 | トップページ | 古の呼称 »