« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

民話の語り

こころ魅かれる名前の 猿ヶ京温泉
猿ヶ京ホテルの女将 持谷靖子さんの
“民話の語り”を聴かせていただけた
今回の旅 ほんとうにラッキーでした (^^)

毎晩8時 みそ蔵の囲炉裏ばたで~
つきたてのおもちを 食べながら~
この土地の昔話が 語られています (^o^)

静かな 満ち足りた ときが
ゆっくりと ゆっくりと 流れて
広がって行くようです (^^)(^^)

思いがけない出逢いも旅の喜びですね (^-^) v

Dscn1694 Dscn1687 Dscn1699

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大きくなって(*^-^*)

娘のときは 夢中でしたけれど
孫娘の成長は 何よりの喜び 
すこし距離があるって良いですね  train

naa は17日卒園式で 卒園証書や
記念に頂いた お友達の画集
自分の作品など見せてくれました chick

生後3ヶ月を過ぎた non も 
体重は生まれたときの2倍を超えて
標準より大きくなってきました chick

横浜の丘陵地帯に建つ孫たちの家には 
最寄の駅から15分ほど歩きます~
小川沿いに咲く 可愛い木瓜の花が
春本番を告げていました  cherryblossom

Dscn1674 Dscn1675

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春の風趣

彩雲堂サンの 今月の和菓子
日持ち20日と長いので
ゆっくり頂くことができました japanesetea

<花の雲>
雲と見まがうばかりの満開の桜を
そぼろと小倉羹の棹菓子に写しました
緑のそぼろには桜の葉を練り込み
春の風趣を伝えます  cherryblossom

温泉津で求めた 抹茶茶碗と
にほんばし島根館で 初めて知った
石見焼のお皿 素朴で好きです 

島根の器も少しづつ揃えて
お茶の時間を楽しみたいものです  japanesetea

Dscn1642 Dscn1639

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ももたろう

~桃太郎~きびだんご

藤沢さいか屋の
小さい全国銘菓コーナーで
廣榮堂サンの 
きびだんご を買いました

パッケージキャラクター
可愛いですね good

ももたろう
-だれでも知っているあの有名な-
五味太郎作

読んでみたくなりますね lovely

Dscn1611 Photo

| | コメント (8) | トラックバック (1)

フルーティ~☆

雛菓子「花桃仙」
黄味餡の中に桃の実が入っています

中国では 桃は邪気を祓い
不老長寿を与える植物として親しまれ
“壽桃”を食べる習慣があるとか

いつか 中華街で 壽桃(桃饅頭)
買ってくることにしましょう

長崎の“桃カステラ”も素敵ですね

桃の加護によって
女の子の健やかな成長を祈る行事
桃の節句 に相応しい
ステキな彩雲堂サンの作品で~す heart02

写真では 大きく感じますが
直径4㎝ 位の可愛い薯蕷饅頭です

Dscn1602 Dscn1607 Dscn1603

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横浜さんぽ

楽しい横浜街あるき 
街路樹や花壇のお花も美しく
小さな博物館 資料館もあります
次から次とUPしたくなって tulip

横浜市役所まで来ましたら
横浜市史資料室 中央図書館内で
平成20年1月より一般公開の案内

市制施行時の
明治22年(1889)と現在を較べると
面積は約80倍人口は約30倍に急成長

近代のわずか150年ほどの間に
小さな村から巨大都市へと変貌した
横浜の街 可能性を秘めています  heart02

Dscn1586 Dscn1584 Dscn1590

| | コメント (6) | トラックバック (1)

雛祭り~

まるで お雛様のような
かわいい和菓子が 届きました

彩雲堂サンの「弥生囃子」

練り切りの雛人形
薯蕷饅頭のたちばな、
求肥で作った桜
蒸しものの菱餅

朱の折に入っています heart01

松江の和菓子でお祝いで~す

Dscn1541 Dscn1556 Dscn1549

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »