« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

究極のスポンジ

桃の節句が近づいて~
彩雲堂サンから和菓子が届きました

昨秋 駿河屋サンのカステラが
美味しかったので 彩雲堂サンの
カステラも注文しましたが 正解!

さっくりした仕上がりが
カステラ専門店よりも美味しくて!

「お菓子の由来物語」によりますと
スポンジ(カスティーリャ・ボーロ)
~カスティーリャ王国のお菓子~は

南蛮船により鉄砲などと共に
1543年には 日本に伝わり 
このときに 日本人の誤解により

「カスティーリャ」と「ボーロ」
という2つの言葉に分かれてしまい

「カスティーリャ」は カステラへと
「ボーロ」は 丸いクッキーのような
お菓子へと
日本独自の 発展を遂げたとか~

美しい焼き上がりの カステラは
究極の スポンジなのですね~

そばぼうろ 卵ボーロ(衛生ボーロ)
も 日本風クッキーとして 
作り上げられたもののようです~

由来を知りますと~
いっそう 美味しく頂けま~す (^^)v

Dscn5037 Dscn5042

| | コメント (10) | トラックバック (1)

洋菓子の世界も (^^♪

マルさんが教えて下さった
「お菓子の由来物語」  猫井登著

書店で手に取り読み始めました~

スポンジのルーツ 

スポンジは15世紀頃にカスティーリャ王国
で生まれたものではないかといわれている...

スポンジはどのようにして
誕生したのか?

日本への伝来

興味が広がっていきます~
写真も素敵で~手元に置いて
洋菓子の世界も楽しむことに~

昨年9月の発行ですが
版を重ねている本ですね book

いつも素敵な情報提供をして下さる
マルさんに感謝で~す    loveletter

| | コメント (9) | トラックバック (0)

雨水

今日から 雨水

“ 雪や氷が解け始め
雨が降るようになる ”

雪も氷も縁がない湘南地方は
ピンときませんけれど~
雪国で暮らす  方々 には 
ぴったりの言葉なのでしょう~

松山の「一六タルト」いつでも
藤沢のデパートで買えます~
カステラと和菓子のミックス?
好きで時々買ってまいりま~す

Dscn4968 Dscn4975

| | コメント (8) | トラックバック (0)

自然の宝庫 -2009.2.13-

“木々や草花はどんなセンサーを
持っているのでしょうね!”

うっちゃんの ステキな言葉を
思い巡らしながら~

神奈川県立体育センターの庭を
歩きました~

今日は 関東地方で「春一番」!
刻々と季節が変わっていきますね

梅 からバトンタッチするように
椿の木 には蕾がいっぱい!

ケヤキの樹皮も脱皮でしょうか?
年輪を重ねていく木々のセンサー
感動の ひととき でした (^^ v

Dscn4957 Dscn4956 Dscn4952

| | コメント (6) | トラックバック (0)

野毛おでん

「おでん」
神戸では「かんとだき」と
言ってましたね~

神戸で「おでん」といえば
味噌田楽であったような~

関東にきて
「おでん」だけは 薄い色
どうして?ずっと不思議に
思ってましたけれど~

ウィキペディアで調べて
ナ~ルホド  納得で~す

伊勢佐木町の「野毛おでん」
百年以上続いたお店で
店主は  三代目とか~
横浜の文化が しみこんで
味わい深く リピートしたく
なってま~す      heart02

関西と関東 文化の違いは
ホント 面白いで~すネ        up

Dscn4939 Dscn4942 Dscn4943

| | コメント (8) | トラックバック (0)

節気

時間の流れの中で~
自分固有の時を刻むのが
人生なのでしょうか~

今年は  二十四節気に親しみ
生活の中に取り入れたくて~

まずは 昨日の立春

彩雲堂サンの紅羊羹&
駿河屋サンの練羊羹でお祝い

三幸園サンの極上抹茶の味は
やわらかくて~最高でした       japanesetea

ささやかに自分の身の丈で 
日本の文化~楽しんでま~す      

Dscn4896 Dscn4899

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »