« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

箱根~☆

藤沢~小田原~箱根湯本~
強羅~早雲山駅は ケーブル
2時間足らずで別天地です

行った日のお天気は 下り坂
でしたが~ 霧で下界が
見えなくなっていく様子に
六甲山を~ 想い出しました

早雲山駅    標高 767m
六甲山上駅  標高 737.5m  

1921年(大正10年)12月1日
下強羅(現・強羅) -
上強羅(現・早雲山)間 開業

1932年(昭和7年)3月10日
土橋駅(現・六甲ケーブル下駅)
- 清水駅 -
六甲山駅(現・六甲山上駅)間 開業

比べてみると~
親しみが湧いてきました

ホテルの庭に咲く躑躅

2011_0522_211929dscn1533 2011_0522_212456dscn1539

名前は判りませんが~

2011_0522_213003dscn1544 2011_0522_213035dscn1546

ホテルの玄関も素敵です

2011_0522_211657dscn1526 2011_0522_213442dscn1548

何度も行きながら~
素晴らしさに気付けなかった
箱根~惜しいことをしました
でも これからが~
楽しみに なってきてま~す      lovely

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日本橋さくら通り

ささやかな非日常の贅沢?

春季関東学生リーグ戦
卓球観戦の後は~
東京の ホテルに一泊

朝 ホテル近くの
「日本橋 さくら通り」 
を 歩きました

2011_0516_211130dscn1502 2011_0516_212213dscn1507

東京駅八重洲北口から
茅場町まで
爽やかな街路樹の緑が
続きます~

2011_0516_211020dscn1497 2011_0516_211050dscn1499

横浜は 馬車道を
丁寧に歩いてみたいと
思っていますが
東京の さくら通りも
魅力ありますね~

人生の限られた時間
好きなところに拘って
何度も~
と思うようになりました     clover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好きな街

震災のあと
これから度々行きたいと
思っていた東京 東海地方
だけでなく 隣りの鎌倉にも
足が向かなくなって
わたしの気持は 神戸に~
そこで似た空気の横浜です

開港150周年で賑わった
一昨年には 見えなかった
横浜が 見えてくるような
気がします~

関東大震災の傷跡が残る
横浜公園の石碑

2011_0510_003136dscn1441 2011_0510_003117dscn1440

新緑が美しい
横浜公園と 日本大通り

2011_0510_003420dscn1445 2011_0510_003441dscn1447

神奈川県庁と
周遊バス「あかいくつ」

2011_0510_003741dscn1449 2011_0510_003750dscn1450

神奈川県立歴史博物館と
馬車道

2011_0510_011818dscn1451 2011_0510_011839dscn1453

横浜&神戸 好きな街です    heart04  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新横浜

震災後 しばらくの間
幼い頃のことばかり
思い浮かびました~~~

そして今 反動のように
新しい方向が
見つけたくなって~~~

昭和20年から40年までを
過ごした鈴蘭台のことを
ネット検索で知りましたら~

鈴蘭台の想い出
http://saiwai.at.webry.info/201105/article_1.html

昭和41年~44年まで
相鉄沿線で暮した頃に利用した 
新横浜に行きたくなりました

横浜アリーナでの
世界卓球選手権大会 観戦は
2009年4月30日と5月1日
ちょうど2年ぶりの新横浜
今回は新横浜プリンスホテルです
29Fのホテルの窓から~

横浜アリーナ
(平成元年オープン)方向

2011_0501_211342dscn1421 2011_0501_211150dscn1415

日産スタジアム
(平成10年オープン)方向

2011_0501_211654dscn1424 2011_0501_211244dscn1418

水田や原っぱが広がっていた
当時を知っているので~
街の発展が
不思議の世界のようです~

神戸有馬電気鉄道 開業
1928年(昭和3年)からの
鈴蘭台駅周辺の 街の歴史

東海道新幹線開業で
1964年(昭和39年)
横浜線との交点に 開かれた
新横浜駅周辺の 街の歴史

スケールの大きさは違っても
わたしには興味深いテーマです    shine   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »