« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

落語3

三遊亭円楽 春風亭昇太 
林家たい平   爆笑三人会

2012_0128_040424dscn3188 2012_0128_040433dscn3189
 
早くに チケット買って
おいたので わたしどもは
前から4列目の席で
聴かせていただきましたが

2012_0128_070750dscn3190 2012_0128_070808dscn3191

グリーンホール相模大野の
大ホール 2階まで満席!
HPで調べてみますと
大ホールの 収容人数は
1階席だけで1000人を
超します~
すごい人気に驚きでした!

2月 3月は たい平さん 
志の輔さん 昇太さん
 
関内寄席 のおかげで
落語の楽しみが続きます~    lovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かんぽの宿 浜名湖三ケ日

昨秋 沼津での
卓球サークル合宿で

静岡は自然に恵まれて良い
ところね~ まだ知らない
ところばかりだけれど~と
言いましたら~

静岡出身の友人が浜名湖の
三ケ日温泉 舘山寺温泉が
おススメと~  そこで
かんぽの宿 浜名湖三ケ日に
行ってきました

2012_0115_221657dscn3174 2012_0115_222009dscn3182

友人から 浜名湖 最近は
フグやハモも 獲れると聞き
ましたが~ ここの展示は
建てられた28年前のもの?

2012_0115_202447dscn3155 2012_0115_202553dscn3159

一昨年の秋 
千葉国体 卓球観戦の後
泊った かんぽの宿 旭が
とても良かったので
新しい地域を知るには
かんぽの宿? と選んだの
ですが~ かんぽの宿の
雰囲気も~ いろいろ...    think

2012_0115_061445dscn3145 2012_0115_063044dscn3154

| | コメント (8) | トラックバック (0)

70周年2

親しみを感じるきっかけ~
70周年&70歳
不思議なものがありますね

ステーキハウス吉池での
70歳の誕生日は
想い出に 残りましたが~

今回は 吉池旅館に泊って 
ほんものの温泉に感動です

2012_0105_214501dscn3119 2012_0105_214429dscn3116

須雲川より引き入れた清流
約1万坪に及ぶ
回遊式日本庭園も素敵です

2012_0105_213818dscn3091 2012_0105_213839dscn3093

木々や草花を 四季折々に
訪ねたくなります~

2012_0105_213414dscn3088 2012_0105_213944dscn3098

戦前は 特権階級の人しか
入れなかったことでしょう

2012_0105_212849dscn3077 2012_0105_212953dscn3079

建物や調度品にも 今まで
泊った旅館にはない雰囲気

2012_0105_213913dscn3095 2012_0105_213852dscn3094

ここの歴史 またの機会に
調べてみたくなりました          spa

| | コメント (6) | トラックバック (0)

西暦せんべい

わたしにとっての神戸の味は
亀井堂総本店の 瓦せんべい

母の実家の近くでしたから
懐かしい想い出がいろいろ~
ルミナリエで行ったとき
元町通りを6丁目まで歩いて
買ってきました

2011_1217_023601dscn2975_2 2011_1217_024303dscn2982_2

上野風月堂の東京カステラから
懐かしい味と~亀井堂総本店の 
やわらか焼を思い浮かべて以来
すっかり瓦せんべいのファンに
なっています~

2011_1217_023726dscn2979_2 2012_0102_224925dscn3054

亀井堂総本店の創業は明治6年
明治5年までは旧暦が使われて
いたそうですから
西暦せんべい 新鮮なデザイン
であったのかも 知れませんね

2012_0102_225334dscn3061 2012_0102_224943dscn3055

贅沢せんべい
ハイカラせんべい と呼ばれた
時代を思いながら~
美味しい玉露で頂きました

2012_0103_010356dscn3072 2012_0103_010248dscn3068

香ばしくて 素朴な美味しさ~
実は 子どもの頃も娘時代も
あまり好きではなかったのです

今頃になって分かる本物の味
本物の神戸が分かるのも
今から~なのかも知れません      heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »